HOME法華経の教え > 報恩
法得寺 | 法華経の教え 報恩


報恩(ほうおん)とは

「恩」とは、他の人から与えられた恵み、慈しみのことです。広い意味では、天地またはこの世界すべての存在から授かる恵みのことでもあります。

古来より仏教では、恩を非常に大切にしています。
自分が恵みを受けていることに気づくこと、自覚することを「知恩」と言い、お寺の名前にもよく使われています。
恩を心より感じることを「感恩」と言います。人からもらった恩に感謝することです。
そして、その恵みに報いようとする行いを「報恩」と言います。

仏様から受けているご恩に気づき、素直に感じ感謝し、それに報いなければならない、つまり「報恩」が大切であると説かれています。

人間の煩悩

ところが、慌ただしい現代社会に生きる私たち人間には、煩悩による疑いの心や欲があります。
人から受けた恩に対して、つい疑いの心を持ったり、何か思惑があるのではないかと勘ぐってしまうこともあります。

自己中心的な考えを抱き、他人よりも自分が大事、物事を損得にもとづいて考え、恨み、怒り、嫉妬、責任転嫁、愚痴など、他人に対して攻撃的な感情を抱いてしまいます。
しかし、結局それは自分自身に返ってくるのです。

感謝の心

恩という字は「因」に 「心」と書きます。
恩を知ることや恩を感じることは、私たちの「心に因る」ものです。 誰かに親切にされた時、素直な心で感じることができれば、その恩への感謝の行動が自然とわき起こってくることでしょう。

身の周りのあらゆる人や物に感謝の気持ちを持ちながら日々生活していると、感謝すべきものがなんと多いことか!!と気づかされます。家族、友達、同僚…すべての環境から多くの恩を受けている事に気づき、感謝の日々を送っていけるのではないでしょうか。

家屋の取り壊し
長年お世話になった住まいを取り壊すとき、家を守ってくださった神様に感謝の気持ちを捧げましょう。
願ほどき・お礼参り
神様に祈願をしたら、感謝の心を以て、願ほどきとお礼参りを忘れないようにしましょう。
井戸埋め
生命の源、水の恵みを与えてくれた井戸におられる水神さまと龍神さまに、感謝の気持ちを申し上げて本地にお帰りいただきましょう。
親孝行・ご先祖供養
この世に自分が存在するのは、自分を生んでくれた父母や先祖があるからです。自分の命は、親、先祖をはじめ、この世に存在するすべてのものに生かされているのです。
「生かされて生きる命」であることに感謝し、恩に報いることは当然のことではないでしょうか。

▲ このページの一番上へ